しみ・くすみ

しみは発症部位・年齢・状態により、老人性色素斑、脂漏性角化症、雀卵斑(そばかす)、肝斑、後天性真皮メラノサイト-シス(ADM)、炎症後色素沈着などいくつかのしみに分類されます。
2~3種類のしみが同時にできている場合も多くあります。
治療法を誤ると薄くならないだけでなくかえって悪化することになりますので、しみの種類やレーザー・光の反応をみながら複数の医療機器を組み合わせて、確実にしみをとるように努力しています。

bnr09

しみの種類

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

シミの境目がはっきりしていて、色も均一で濃いのが特徴。
紫外線を浴び続けることによって生じる老化現象で早い人では20代からできます。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

老人性色素班が積み重なり盛り上ったものが脂漏性角化症で老人性イボと呼ばれます。
頬からこめかみなど紫外線を浴びる部位にでき、特に中年以降の男性に多い

図1
雀卵斑(じゃくらんはん)

通称「そばかす」。小さな斑点が鼻を中心に両頬に分布。
多くは遺伝性で、日焼けで悪化します。幼少期からあり20代後半から薄くなることが多い。

肝斑(かんぱん)

頬や鼻の下、額に左右対称にできるやや赤みを帯びた黄褐色少しぼやけたしみ。
30~40代の女性に多くあらわれ、紫外線だけでなくホルモンバランスの崩れ、洗顔時の擦りすぎが関係するといわれています。
通常のレーザーや光治療で悪化することがあり注意が必要です。

 

肝斑治療について
後天性真皮メラノーシス

10代後半から20代と比較的若い時に発症し、圧倒的に女性に多い。
頬・こめかみ・鼻根部・前額部にでき灰褐色~濃褐色の小斑点のしみ
通常のしみより深い部位にメラニンが存在しておりQスイッチレーザー以外の治療に反応しません。

炎症後色素沈着

にきび、化粧かぶれ、ヤケドなど皮膚の炎症が原因。時間とともに薄くなっていきますが長い期間を要することもあります。

図6

当院でのしみ・くすみに対する治療

当院では開院以来少しずつ治療機器を増やし、様々なしみに対応できるようになりました。
現時点ではフォト治療(e Plus SR )、フォト治療(ICON)、レーザーピール、レーザーフェイシャル、Qスイッチレーザー、トーニング、HEALITEⅡ、ピーリング、イオン導入、CO2レーザー、ホームケア商品(ZO SKIN HEALTH、ホワイトエマルジョンクリーム)、内服治療など多くの選択肢があります。
しみ・くすみ治療を効果的に行うために、フォト治療やレーザー治療などの施術を行う際はビタミンやトラネキサム酸の内服やホームケア商品(ゼオスキンヘルス、ホワイトエマルジョンクリーム)を併用して行うことを当院ではおすすめしてます。
効果を速く、しっかり出すことにも必要ですが、効果を維持するうえでも内服やホームケアが重要になってきます。
また、しみ治療はしみの種類や状態だけでなく、ダウンタイムがとれるかどうか、日常的に紫外線を浴びる機会が多いかどうかなど、それぞれのライフスタイルによっても適切な治療が変わってきます。これらを考慮しながら適切に組み合わせ、一人ひとりにあわせた治療を提案いたします。

治療メニュー/
しみの種類
ダウンタイム 老人性色素班 そばかす 肝斑 炎症後色素沈着 後天性メラノサイトーシス 脂漏性角化症 肌全体のトーンアップ
フォトe Plus
フォトICON
レーザービール
レーザーフェイシャル
Qスイッチレーザー 1週間テープ
レーザートーニング
HEALITEⅡ
ピーリング
イオン導入
内服薬
ZO SKIN HEALTH
CO2レーザー 部分的にメイクを避ける

-…適応外  △…ふつう 〇…良い ◎…大変良い

全体に点在するしみやくすみ

図2

全体に点在するしみやくすみ、そばかすにはフォト治療e Plus SRとフォト治療ICON、レーザーピール、レーザーフェイシャルと4機種があります。
こちらはすべてダウンタイムもなく、当日からメイクも可能です。
目安は1か月に1回のペースで5回行うことで改善することが多いです。
シミの状態により使い分けたり、効果を見て変更したりします。
ポイントでQスイッチレーザーやCO2レーザーを併用することもあります。
施術後にLED治療器HEALITEⅡやイオン導入を行うことで効果が高まります。

同時にビタミンCなどの内服薬や当院が最もおすすめしているホームケア商品(ZO SKIN HEALTH)かホワイトエマルジョンクリームを併用することでさらに効果が高まります。



はっきりした孤立したしみ(老人性色素班)

図3

このように境界のはっきりした孤立性のしみはQスイッチレーザーが効果的です。
気になる部分をピンポイントでしっかり治療するので1回の治療で大きな効果が得られます。
炎症後色素沈着予防にハイドロキノンを併用します。

Qスイッチレーザー

頬からコメカミの盛り上がったしみ(脂漏性角化症)

図2

頬からこめかみなど紫外線を浴びる部位のもり上がったしみは脂溶性角化症です。CO2レーザーで薄く削りとることで若返ります。
広範囲の場合はクリーム麻酔をして行います。

イボ治療

手のしみ(老人性色素班 脂漏性角化症)

図4

手のしみが気になる方も多いようです。
CO2フラクショナルレーザー後に時間をおいてレーザーピールを行います。

頬骨上に左右対称にあるぼんやりしたしみ(肝斑)

図5

頬骨の上に左右対称にできる少し赤みを帯びた黄褐色ぼんやりしたしみは肝斑です。 肝斑はフォト治療やレーザー治療が刺激になり悪化することがあるのでトラネキサム酸の内服とレーザートーニングを行います。
施術後にLED治療器HEALITEⅡやイオン導入を行うことで効果を高めます。
同時に当院でお勧めするホームケア商品(ZO SKIN HEALTH SYSTEM)やホワイトエマルジョンクリームを併用することでさらに効果が高まります。

肝斑治療について

炎症後色素沈着

炎症後の色素沈着も肝斑同様、フォト治療やレーザー治療が刺激になり悪化することがあるのでトラネキサム酸の内服とレーザートーニングを行います。
施術後にLED治療器HEALITEⅡやイオン導入を行うことで効果を高めます。
保湿をしっかりし、ハイドロキノンの塗布を行います。

図6

同時に当院でお勧めするホームケア商品(ZO SKIN HEALTH SYSTEM)やホワイトエマルジョンクリームを併用することでさらに効果が高まります。

頬にある灰褐色のぼんやりした小斑点(後天性真皮メラノーシス)

20代頃の比較的若い時期から頬に灰褐色のぼんやりした小斑点がある場合は後天性真皮メラノーシスです。
通常のしみより深い部位にメラニンが存在しておりQスイッチレーザー以外の治療に反応しません。6か月の間隔をおいて3~5回の照射が必要です。

料金表(税別)

※初診料1,000円 再診料500円が別途かかります。
※ご予約2日前からキャンセル料(1,000円)が発生します。

フォト治療  (e Plus SR)
1回 8,000円
フォト治療  (ICON)
1回 8,000円
レーザーピール(ルートロピール)
1回 8,000円
レーザーフェイシャル
1回 8,000円
Qスイッチレーザー
1×1cm 5,000 円
CO2レーザー
脂漏性角化症 全顔 8,000~
40,000 円
CO2フラクショナルレーザー
脂漏性角化症 全顔 前腕(片方) 30,000 円
麻酔クリーム
全顔 3,000円
レーザートーニング
1回(両頬) 5,000円
HEALITEⅡ
1回 2,000円(他の治療と同時に行う場合1,500円)
サリチル酸ピーリング
1回 8,000円
イオン導入
ビタミンC 3,000円
トラネキサム酸 5,000円
内服薬
トラネキサム酸 1ヶ月分 3,000円
ビタミンC    1ヶ月分 2,000円
ビタミンE    1ヶ月分 2,000円
トラネキサム酸 + 1種(ビタミンC・E) 4,500円
点滴
美白点滴 3,000円
美白+美肌 4,000円
白玉(シングル) 4,000円
白玉(ダブル) 6,000円
白雪(シングル) 5,500円
白雪(ダブル) 7,500円
ホームケア商品
ZO SKIN HEALTH 各種 お問い合わせください
ホワイトエマルジョンクリーム 6,300円
外用薬
トレチノイン 5g 2,000円
ハイドロキノン5g 2,000円