ボトックス注射double-treatment

ボトックス注射は、眉間や額、目尻の表情じわの改善だけでなく、エラの張りを解消して小顔にみせたり、ふくらはぎを細くしたり、多汗症やワキガの防止といった、様々な用途に使用されています。安全性も高く、気軽なプチ整形として人気の治療法です。

ボトックスとは?

ボトックスはボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種で、ボツリヌストキシンと呼ばれます。ボツリヌストキシンには、筋肉の動きや汗の分泌に関わるアセチルコリンの放出を阻害する働きがあります。この働きにより表情じわや多汗症を改善したり、部分痩せやリフトアップ治療にも使用できます。

ボトックス注射は治療部位や人によって効果の出方は異なりますが、一般的に治療効果は注射後1~2週間以内に現れ、3~6ヶ月ほど持続した後、徐々に元の状態に戻っていきます。継続的に繰り返し行う事で、より一層高い効果を実感できます。

ボツリヌストキシン製剤の種類

当院ではボツリヌストキシン製剤として、アラガン・ジャパン社製の「ボトックスビスタ®」を取り扱っております。

アラガン・ジャパン社のボトックスビスタの特徴

アラガン社はボツリヌストキシン製剤を最初に製品化し、ボツリヌストキシン治療を有名にしたともいわれる老舗メーカーで、“ボトックス”はアラガン社の登録商標です。ボトックスビスタはA型ボツリヌストキシン製剤で、2009年1月に厚生労働省に認可され、国内で唯一の承認薬となった安全性、効果ともに信頼性の高い製剤です。

アラガン・ジャパン社のボトックスビスタ


アラガン・ジャパン株式会社ボツリヌス治療薬(製品)総合情報サイト