ケミカルピーリングpeeling

皮膚に植物の酸(サリチル酸)やフルーツ酸(グリコール酸)を用いて蓄積された古い角質層を除去することにより、新陳代謝が促進され、きめ細かなハリのある皮膚を取り戻します。
ケミカルピーリングは、ニキビやシミなどに作用するだけでなく、効果的に皮膚を活性化させ、うるおいに満ちた肌へ導きます。

このような方におすすめします。

  • ニキビ・過剰皮脂
  • しみ・くすみ
  • 小じわ

皮膚表面の角質細胞間の接着をゆるやかにし、角質層に蓄積されたごく薄い角質を除去します。

ニキビ・過剰皮脂

古い角質は毛穴の出口に厚くなって詰まっています。酸の働きで角質をはがすと、古い皮脂が外に出てきます。数回続けることによってニキビの芽となるコメドが減少。ニキビができにくくなってきます。ニキビができやすい方は、ニキビ予防としてもおすすめです。

酸の働きで古い角質を除去すると、基底細胞が活性化します。その結果、表皮にハリを与えることになり、ニキビ痕の凹凸が減少します。

しみ・くすみ

紫外線を浴びると、お肌は自分を守ろうとする働きでメラニン色素を大量に作ります。作られたメラニンは、時間がたつと本来のターンオーバーによって肌の表面まで押し上げられ、アカとなってはがれ落ちます。しかし、新陳代謝が衰えていると、そのまま沈着してシミとなってしまうのです。酸の働きにより細胞の新陳代謝を促進させて、蓄積された異常なメラニンを含む表皮細胞をはがすので、シミを薄くすることができます。また、角質を薄くすることで、美白剤の浸透性も高くなります。

小じわ

酸の働きで古い角質を除去すると、基底細胞が活性化します。その結果、表皮にハリを与えることになり、ニキビ痕の凹凸が減少します。

ケミカルピーリングQ&A

痛みはないのですか?

お肌に酸を塗布しますので多少ピリピリ感はありますが、2分程度でおさまります。また、その後冷水で冷やしていきますので、治療後の痛みはほとんどありません。さらに、治療後はお化粧もできますので、日常生活に支障はありません。

ニキビは治るの?ニキビは予防できるの?

ニキビは、ケミカルピーリングの効果が一番期待できる症状。毛穴に詰まっている皮脂を取り除くことで、ニキビの芽となるコメドを減少させてニキビを予防します。また、ニキビの再発を予防することもできます。

シミは消えるの?美白効果はあるの?

個人差はありますが、ケミカルピーリングと内服、ハイドロキノンなどの美白剤を併用することで、シミを薄くします。これは、ケミカルピーリングで古くなった角質を取り除くことにより、美白成分のお肌への吸収性が高まるからです。また、代謝のリズムを正常に取り戻すことで、透明感とつやのある肌へと導きます。

何回受ければいいの?

通常6回1クールとしており、3回目くらいからお肌が変わってくるでしょう。

治療後はどのような状態になるのですか?

ケミカルピーリングを受けると、赤みやほてり感が2~3時間、長い方で1日続きます。その場合は低刺激性の化粧水などで水分補給を十分に行ってください。また、2~3日はかさつき感や乾燥感がありますので、保湿クリームを塗布してください。

にきびの方は数日問にきびのところが悪化したようにも見える場合がありますが、これは中に詰まっていた皮脂が排出される過程ですので、心配はありません。

サリチル酸マクロゴール

肌になじみ易い酸で、角質層にのみ作用を与えます。1ヶ月間角質のみを融解し、毛包に固着した角質を除去します。皮膚表面の凹凸や角栓を改善し、ニキビを予防します。正常皮膚からサリチル酸は血中には吸収されないので安全に治療を受けられます。

  • 施行間隔/1ヶ月に1回(効果が角質層に約1ヶ月間持続するため)

グリコール酸

サトウキビなどより抽出されるAHA(フルーツ酸)の一種。老化して古くなった角質を除去し、新しい角質を再生促進させてキメ細やかなハリのある皮膚を甦らせます。直後にビタミン導入を行い、お化粧もすぐに出来ます。

  • 施行間隔/2~4週間に1回
注意
  • ピーリング後のお化粧は、出来れば控えてください。お化粧が必要な方は、すり込まないように気をつけて下さい。(翌日より平常通りお化粧可能)
  • 紫外線防止のため、日焼け止めを必ず使用してください。
  • ピーリング前後の3日間は顔そりを控えてください。
  • 施行後は乾燥しやすくなりますので、十分な保湿を行ってください。