わきが・多汗症hyperkeratosis

原因

汗をつくる汗腺は2種類あります。
1つはエクリン腺(小汗腺)で全身にあり、主に体温調節の役割を担っています。
エクリン腺から分泌される汗は99%が水分、残りは塩分でニオイがほとんどありません。
もう1つがアポクリン腺(大汗腺)でわきが(腋臭症)の原因になります。
ワキの下、陰部、肛門、乳輪、外耳道だけに存在し、分泌される汗はタンパク質、脂質、糖質、アンモニアなど多く含み粘り気があります。これらの成分が皮膚の常在菌により分解されることで独特のニオイが発生します。
わきがの人はワキのアポクリン腺が発達しており機能が亢進しています。
アポクリン腺は性腺分泌の影響を強く受けるため、思春期から中年期に現れ、小児や高齢期には少なくなります。
家族内優性遺伝し、日本人で10%に対し、欧米人は70~80%がわきがであるといわれています。
耳あか(耳垢)の性状と関係し、耳あかが軟らかい人の約80%にわきがが合併するといわれています。

治療

わきが(腋臭症)の治療はニオイの程度とご本人の悩みの度合いを勘案してよく話し合って決定していきます。
中には自己臭恐怖症といってそれほど悪臭を放っていないのに他人や家族が気にしていると思い込んでいる場合もあります。

薬で汗を抑える治療(軽度):制汗剤

当院では厳選した効果の高いものを2種類ご用意しています。


ボトックス注射(軽~中等度)

「手術は怖いし、手術までは・・・」という方にはボトックスを使用します。
ボトックスは筋肉の動きを抑える働きがあり表情しわの治療に用いられているのはご存じの方も多いかもしれません。
このボトックスをワキの下に注射することで汗腺の神経伝達をブロックし、数ヶ月間(4~8ヶ月程度)汗を抑えることができます。
1年と通して効果を期待する場合は1年間に2~3回行いますが、うす着になる夏にだけ注射する方も多いです。
当院では痛みを少なくする工夫をしてできるだけ苦痛なく受けていただきます。


手術(中~高度)

当院では剪除法(直視下手術)という方法で手術を行っています。
ワキの下を切開し、皮膚を裏返します。そうするとアポクリン腺が出てきます。
目で見ながら除去していくので効果が確実な手術です。
3~5㎝程度の傷ができますが丁寧に縫合することで長期的には目立ちにくくなります。
その他に小さな穴から細い管や専用の器具を挿入しかき出す方法など工夫されていますが、取り残しも多く効果が曖昧なため当院では行っておりません。

わきが・多汗症

ボトックス 50,000円
手術 保険診療