二重・鼻・輪郭outline

二重

現在、目もとの治療に関しては埋没法のみ行っております。
埋没法の場合、まぶたの皮膚の切開の必要がなく、幅を変更したい時なども糸を取ることでもとに戻るため安全性が高い治療です。
治療の前に麻酔を行いますが、はじめに目薬による浸潤麻酔をして痛みを和らげた後、細い針で局所麻酔を行います。これにより、手術中の痛みはありません。

埋没法の仕組みと方法

埋没法とはまぶたに糸を埋め込んで、二重まぶたを作る手術です。
目を開ける時に動く筋肉と皮膚を糸によって連結し、目を開ける時に皮膚が糸にひっぱられて二重になると言う仕組みです。
手術方法は通常のやり方であれば、皮膚に1㎜程度の穴を開け、そこから糸を埋め込み手術を行います。手術時間は10~20分で終了します。

術後の注意点

手術当日は目もとのメイクは控えていただきます。
コンタクトレンズは当日から入れていただいても問題はございませんが、2~3日の間はメガネの使用をおすすめいたします。

腫れの程度と期間

手術は、腫れの程度を最小限に抑えるよう最新の注意を払って行います。
個人差はありますが、2点止め(腫れの少ないスタンダードな方法)の場合はわずかに腫れる程度です。4点止め(持ちの良い取れにくい方法)の場合は手術後、泣いたときのような腫れがみられることがありますが、約1週間で落ち着いてきます。
その後、微妙なむくみが徐々に引いていき、1カ月で完成します。

鼻・輪郭

当院で現在、鼻やアゴのお悩みの方へはヒアルロン酸やレディエッセの注入による治療を行っています。
メスを使わないため、ダウンタイムがないのと、ごく自然に印象を変えることができます。鼻筋を少しシャープにすることで目鼻立ちがはっきりします。施術後すぐに「大人っぽくなったね」とか「痩せた?」と言われることが多いようです。
また、鼻と顎を結ぶEラインを整えると顔全体のバランスがとれます。口元が気になる方、フェイスラインを細く見せたい方にも有効です。


輪郭(小顔)治療

BNLS注射(小顔注射)

皮膚を切らずに、お顔の脂肪を減少させます。
BNLS注射は、お顔の脂肪に作用する脂肪溶解注射です。治療効果が最短で3日ほどで実感でき、1週間ほどで作用します。また植物由来成分を主成分としておりますので、体への負担が非常に少なく、腫れや熱感などのダウンタイムがほとんどないことも特徴です。

植物由来の主成分と作用
  • ヒバマタ(海藻)抽出物 ⇒ 脂肪分解作用
  • チロシン ⇒ 脂肪代謝促進
  • オキナグサ ⇒ 抗炎症作用、創傷治癒作用、肌再生作用
  • カラクサケマン ⇒ 抗炎症作用、創傷治癒作用、肌再生作用
  • セイヨウトチノキ(マロニエ) ⇒ 抗炎症作用、浮腫の減少作用
  • アデノシン三リン酸 ⇒ 血管拡張、血管新生
  • ペルシャグルミ(くるみ) ⇒ 血管保護作用
  • メチルプロパンジオール ⇒ 成分浸透性向上、保湿力向上
  • マンヌロン酸メチルシラノール ⇒ 脂肪分解作用、抗炎症作用、保湿力向上
今までの脂肪溶解注射との違い

フォスファチヂルコリンなどが成分の従来の脂肪溶解注射は、注射後2~4日間は腫れや熱感があり、効果があらわれるまで2~4週間必要でした。
BNLS注射は脂肪に作用する主成分が植物由来ですので、腫れや熱感が非常に少なく、効果も早くて3日後に、遅くとも1週間後には現れます。

適応部位と標準注入本数
  • おでこ 1本
  • 上まぶた 片目1本 両目2本
  • 鼻筋・鼻頭 1~4本
  • 小鼻 1~4本
  • こめかみ 片側1本 両側2本
  • 頬骨部 片側1~4本 両側2~8本
  • 頬部(法令線付近) 片側1~2本 両側2~4本
  • 下頬部(マリオネットライン付近) 片側1本 両側2本
  • フェイスライン 片側1~2本 両側2~4本
  • 唾液腺肥大 片側2~4本 両側4~8本
  • あご下 3~5本

治療前の脂肪量にもよりますが、3回以上の注射を推奨しております。
※継続治療の場合には、週1回の注射が可能です。
※二の腕、腹部、脚などお体への治療も可能です。お問い合わせください。

治療後のケアなどについて
  • 治療当日のメイクや入浴が可能です。 ※但し、当日は治療部位を擦ったりしないでください。
  • 翌日より治療部位をマッサージしますと、より薬剤が広がって効果的です。
  • 飲酒、サウナ、激しい運動は3日間控えてください。
  • 妊娠中、授乳中、皮膚炎の方は治療を行うことができません。
  • 甲状腺疾患の方は治療を行うことができません。
小顔ボトックス注射(エラボトックス)

しわ解消の効果で有名なボトックスですが、小顔の効果も出すことができます。
「エラが張っているのは、骨を削らないと治せない」と思われている方もいらっしゃいます。しかし、実は「筋肉」の過剰な発達が原因である場合が多いようです。
フェイスラインの「エラ」の部分には、「咬筋(こうきん)」という筋肉があります。例えば筋トレで腕の筋肉が盛り上がるように、”咬む”ことでこの”咬筋”が鍛えられ、盛り上がって、エラが張ってしまいます。
ボトックス注射では、この「咬筋」の働きを抑え、筋肉のボリュームを減らすことでフェイスラインをすっきりとさせ、小顔効果をもたらします。

当院ではアラガン社の「ボトックスビスタ」を使用しております。
ボツリヌス毒素製剤治療を「ボトックス」と呼ぶことが多いですが、本来「ボトックス」とはアラガン社の「ボトックスビスタ」を指す名称です。
「ボトックスビスタ」は国内で唯一製造販売承認を取得しており、さらに、米国、イギリス、ドイツ、フランスをはじめ世界80ヵ国以上でも治療承認を取得している信頼できる商品です。