赤ら顔・赤みredness

顔全体や頬を中心として赤くなっている「赤ら顔」。他人からみたら、それほど気にならない赤ら顔ですが、本人は気になるものです。赤ら顔とは何らかの原因で毛細血管が拡張している状態と言えます。遺伝、老化、その他ステロイドの長期使用、寒冷地に居住しているために受けた温度差なども関係するといわれています。
ニキビによる炎症のあとや手術の傷跡の赤みが長く残っている場合もあります。

当院では赤ら顔、ニキビ跡や傷跡の赤みに対して積極的にフォトセラピーICONをお勧めしています。
ICON(アイコン)は皮膚の赤みの治療にとても優れた効果を認められており、色素レーザーと同等との報告もあります。また、色素レーザーはエネルギーが一時的に非常に高くなり、内出血ややけどの原因になりやすいのに対し、ICONの場合は出力が安定していますので、そういった副作用のリスクを軽減する事が可能です。

こんな方に

  • 赤ら顔でお悩みの方
  • 酒さでお悩みの方
  • ニキビ痕の赤みが消えずに悩んでおられる方
  • 傷跡・手術跡の赤みが消えずに悩んでおられる方


ICON(アイコン)


ICONは皮膚の赤み(赤ら顔、にきび跡、酒さ、血管拡張、血管腫、手術後の赤み)に効果的です。

ICON(アイコン)は皮膚の赤みの治療にとても優れた効果を認められており、色素レーザーと同等との報告の報告が多数あります。また、色素レーザーはエネルギーが一時的に非常に高くなり、内出血ややけどの原因になりやすいのに対し、ICONの場合は出力が安定しますので、そういった副作用のリスクを軽減する事が可能です。
またレーザー治療と比較してもより深部にも安定したエネルギーを供給する事が可能という報告もあります。

赤みの症例写真

症例1 処方前

赤みの症例写真

症例1 処方後

赤みの症例写真

症例2 処方前

赤みの症例写真

症例2 処方後

赤みの症例写真

症例3 処方前

赤みの症例写真

症例3 処方後