しみ・くすみstain

女性の永遠の悩みであるしみは、メラニン色素が皮膚に蓄積され、色素沈着を起こすことによって現れます。主に紫外線が原因で、ストレスやホルモンバランスの影響もあるとされています。

しみの原因であるメラニン色素は通常、お肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって角質となってはがれ落ちますが、加齢と共にこのターンオーバーが正常に行なわれず、お肌にしみとなってどんどん蓄積されてしまいます。

メラノサイトおよびメラニン色素の増加、排出障害などがあり、これらにアプローチすることでしみの改善を促します。

しみの発症部位・年齢・状態により、老人性色素斑、そばかす(雀卵斑)、肝斑、脂漏性角化症、後天性真皮メラノサイト-シス、炎症後色素沈着などいくつかのしみに分類されます。
また、2~3種類のしみが同時にできている場合もあります。

治療法を誤ると、しみが薄くならないだけでなく、かえって悪化することになりますのでそれぞれのしみをきちんと診断し治療をすることが大切です。

当院ではトラネキサム酸やビタミン剤の内服治療、ハイドロキノン・トレチノイン外用、ENVIRON や ZO Skin Healthなどのホームケア製品、ケミカルピーリング、イオン導入、フォトセラピーICON、炭酸ガスレーザーなど多彩な治療を取り揃えております。

それそれのシミに最も適する治療を一緒に考えていきましょう。

老人性色素斑

皮膚のしみの中でも最も身近なものが、紫外線による老人性色素斑です。

大きさが数ミリから数センチ、境界が比較的はっきりとした薄茶色から濃い茶色のしみのことをいいます。紫外線により皮膚のメラニン色素が増加したものなので、顔や手の甲、デコルテなど肌を露出する部分に多いのが特徴です。

加齢とともに徐々に出てくる場合がほとんどですが、思春期までに紫外線をたくさん浴びていたという人は20代後半頃から現われたり、出産後にしみが増えることもあります。
また、老人性色素斑は自然に治ることはなく、年齢とともに少しずつ色が濃くなったり、増加していきます。

主な治療法

トレチノイン・ハイドロキノン外用、ホームケア(zo skin health)、フォトセラピーICON+イオン導入

そばかす(雀卵斑)

幼少期に生じる鼻根部を中心として頬部に広がる2~3mmの色素斑で色白の子に多く、思春期に顕著になります。
日焼けにより濃くなる為、夏季に目立つ傾向があります。

主な治療法

トレチノイン・ハイドロキノン外用、ホームケア(zo skin health)、フォトセラピーICON+イオン導入

肝斑

境界がぼやけていて、頬や額、口唇に存在します。
女性に多く、30歳頃から後天的に生じるしみです。
妊娠、紫外線により濃くなる傾向があります。閉経後、軽快する症状に変動がある疾患です。

クレンジングによる擦り過ぎも原因の一つと言われています。

主な治療法

トラネキサム酸内服、トレチノイン・ハイドロキノン外用、ホームケア(zo skin health)、ケミカルピーリング+イオン導入、ダーマシャインによる肌への直接トラネキサム酸投与

脂漏性角化症

老人性色素斑のうち、隆起してもりあがる状態のもので顔面にできます。

主な治療法

炭酸ガスレーザー

後天性真皮メラノサイトーシス

多くは20歳以上に後天性に発症し、頬骨部・こめかみ・鼻根部・前額部に生じる色素斑です。通常のシミよりも深い場所にメラニンが蓄積しておりQスイッチレーザーでの治療が必要になります。

主な治療法

Qスイッチレーザー
※現在、当院ではQスイッチレーザーは導入しておりません。

炎症性色素沈着

ニキビ、擦過傷、やけどなど皮膚の炎症が治った後やレーザー治療後などに生じた色素沈着がこれにあたります。
化粧を毎日することで、肌をこすりすぎる事によっても生じます。

放置しても半年以内に消失、もしくはかなり薄くなりますので放置してもかまいませんが、早く改善させたい場合はいくつかの手段があります。

主な治療法

内服治療、トレチノイン・ハイドロキノン外用、イオン導入

老人性色素斑+肝斑

複数のシミが同時にできている場合(老人細色素斑+肝斑など)

複数のシミが同時にできている場合、肝斑の治療を最優先します。3~6か月トラネキサム酸の内服とケミカルピーリング+イオン導入にて肝斑の治療を行った後フォトフォトセラピーICONを行います。

顔全体のくすみ

くすみの大きな原因は角質層の透明感の低下です。

紫外線の影響や加齢とともにターンオーバーが乱れ、角質層は厚くなっていきます。
このため、メラニンが蓄積し、角質層の透明感が低下してくすみとなります。

その他、タバコ、冷え性、疲れなどによる肌の血行不良や睡眠不足、鉄分・ビタミン不足も原因になります。

主な治療法

内服治療、トレチノイン・ハイドロキノン外用、ホームケア(zo skin health)、ケミカルピーリング、フォトセラピーICON+イオン導入