しわwrinkle-slack

女性ならば、誰でも気になる『シワ』 。年齢を重ねるほどに、深く刻まれていきます。シワは、加齢や乾燥、紫外線など、様々な原因がきっかけで作られます。シワは大きく3種類あり、ケースに応じた治療が必要となります。

小ジワ

小ジワは、乾燥した肌に現れる浅く細かいシワです。主に目元、目尻、などに見られます。肌は、外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の層でできていますが、ちりめんジワは、層のもっとも外側にある「表皮」のなかのさらに最も外側の角層にできます。
別名、乾燥ジワとも呼ばれ、20歳を過ぎた頃から、加齢とともに肌の保湿力が低下して現れます。表皮の角質細胞に含まれる「アミノ酸」や、角質細胞どうしをつなぐ「細胞間脂質」が減少することによって、保湿力が失われます。この段階のしわであれば保湿を中心としたスキンケアで改善できます。

表情ジワ

表情ジワとは、表情をつくるときにできるシワのことです。目尻や眉間、額や鼻根部などに現れます。
はじめのうちは表情を戻すとシワはなくなりますが、同じ表情を何度も繰り返すことで、作られたシワが元に戻らず、肌が記憶してしまいます。

真皮ジワ

一般的に言われるシワで、真皮の弾力や潤い・ハリを保つコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分が年齢とともに減少してできてくるシワです。さらに皮下脂肪の増減や重力により、表面の皮膚がたるむことでたるみによるシワになっていきます。
たるみによるシワは、顔の皮下脂肪が垂れ下がってできる深いシワです。目の下、ほうれい線、首などに現れます。

シワの治療法

当院ではフォトセラピー「ICON」、水光注射(ダーマシャインバランス)、ボトックス、ヒアルロン酸などで治療しています。
真皮ジワの場合にはフォトセラピー「ICON」が最適です。肌の奥の真皮層に熱を与えることによって皮膚の再生を促し、また皮膚が収縮することによって全体にリフトアップされ顔全体が若返ります。

また、水光注射(ダーマシャインバランス)はヒアルロン酸を中心とした様々な薬剤を皮膚の浅い層(真皮や表皮内)に均一無数に注入し、皮膚の潤い、ハリを与えしわを改善させます。
表情筋の収縮による大ジワや小ジワに効果があるのがボトックス注射です。ボトックスはボツリヌス毒素という筋肉の活動を抑制する物質の医療製品名ですが、適切な使用法が確立されており、安全に使用できます。
元々医療用薬品として疾患の治療に使われていましたが、筋肉の動きを抑制する作用を表情シワのような筋肉の動きに伴って起きるシワの治療に応用し広く使われるようになりました。主に眉間や目尻、おでこのシワに用いられます。
主に大ジワに効果があるのはヒアルロン酸注射です。皮膚に元々存在し、柔軟性や弾力性を支える物質を直接皮膚の内部に注入する治療法です。へこみが気になる部分に、直接ヒアルロン酸を注入し皮膚を持ち上げることが可能になります。主に法令線や目からほほにかけてのくぼみ(ゴルゴライン)、口角の下のくぼみ(マリオネットライン)などの治療に用いられます。ヒアルロン酸は徐々に体内の代謝、吸収されていきますが、9カ月~1年程度効果が持続します。

話題の水光注射ダーマシャインバランス