診療方針

患者さんのライフスタイルを大切にした皮膚科診療スタイル

pol_01

皮膚の症状は個人差があり、通院ペースも個人それぞれとなります。患者様のお仕事や家庭のライフスタイルに出来る限り合わせた通院ペースをご提案させていただきます。ただ、症状が重い方は短い間隔で通院していただくことが望ましい場合もございます。また、最新式の電子カルテを導入しておりますので、患者様と医師との会話を管理し精度の高い診療を実現しております。

アトピー性皮膚炎や乾癬など長引く疾患をサポート

pol_02

「アトピー性皮膚炎」や「乾癬」などはかゆみのある湿疹などを伴って、良くなったり悪くなったりを繰り返す疾患です。症状が慢性化しやすく治療も長引く傾向にありますので、患者さまとしっかりコミュニケーションをとり、症状にあったご納得していただける治療をご提案してまいります。

痛くない怖くない皮膚科診療スタイル

pol_03

例えば「水いぼ」を取る処置をする場合、通常は痛みを伴います。当院では痛みの無い「水いぼ」の処置を行うために、麻酔テープを使用し皮膚の表面に麻酔が作用してから処置を行います。 その他の疾患においても、痛みがある症状の場合はできる限り痛みを取り除く治療を行ってまいります。

皮膚科診察時のお願い

皮膚科受診時は診察と同時に様々な処置を行う場合がございます。患部が服の下の場合などはスムーズに診察を行いやすくするために、上着等を脱いでおいていただくようご協力をお願いいたします。 また、小さいお子様の処置の場合はじっとしていないと危険な場合もございます。親御さんのご協力を得て動かないようにしていただきますと、より安全な処置をさせていただくことができます。 何卒よろしくお願いいたします。