アレルギー性鼻炎のレーザー治療

鼻の粘膜をレーザーによって焼灼し、アレルギー反応を起こしにくい状態にする治療法です。
危険性や後遺症がなく、日帰りで安全に行える手術として普及しています。
個人差はありますが、レーザー治療の改善率は鼻づまりで80%、鼻水で50%、1回の治療で1~2年効果が持続するといわれています。

4babb36c94b75b84fc2c5a23244a7123_s

手術の流れ

術前診察

手術前に診察を行い全身状態と鼻の状態を確認します。
効果的にレーザー焼灼を行えるよう、ファイバースコピーで鼻内を観察します。

鼻内の表面麻酔

粘膜収縮薬と局所麻酔薬をスプレーで噴霧後、麻酔ガーゼを30分~1時間鼻内に置き念入りに表面麻酔を行います。
これによりレーザー照射中にほとんど痛みを感じません。

レーザー照射(粘膜焼灼)

診察イスに座りレーザーで鼻粘膜を焼灼します。両側で10~15分程度で終了します。
煙が発生しこげるにおいがします。呼吸は口で吸って鼻で吐くように行ってください。
痛みがあるときは遠慮なく教えてください。

手術後の注意点

そのまま仕事や学校に行ってもかまいません。
当日のシャワー浴もOKです。
当日は運動や飲酒は控えましょう。
軽度ですが痛みを感じる場合もありますので鎮痛薬、感染予防の抗生剤、焼灼による刺激で一時的に鼻症状が悪化しますので抗アレルギー薬を処方します。
手術直後から1~2週間程度、鼻水・鼻づまりが逆にひどくなり、鼻血が混じったり、ゼリー状分泌物やかさぶたがでますが心配いりません。治療後1~2週間は鼻そうじのため通院してください。

手術費用

3割負担(鼻咽頭ファイバー込み) 10,530円

※ 診察代、お薬代が別途かかります。

注意事項

小学校高学年(鼻麻酔やレーザー焼灼中に十分な安静が保てる年齢)から行うことができます。
妊娠中も行うことができます。
麻酔の時間も考慮し、午前は10時30分、午後は16時30分までに受付を済ませてください。
当日の手術が可能ですが、混雑状況・その他の事情で後日予約になる場合があります。
(電話098-861-1010にお問い合わせください)