アレルギー性鼻炎allergic-rhinitis

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎とは、アレルギー反応によって引き起こされる鼻の粘膜の炎症をいいます。アレルギー性鼻炎に悩む人は年々増えているとも言え、日本人の5人に1人程度の人がこの症状に悩んでいるとされています。アレルギー性鼻炎の原因は、スギ花粉などの花粉の飛散量が非常に増えている事や、車社会の進展による排気ガスによる大気汚染、更にはストレスや食習慣からも引き起こされるとされています。更には、最近の住宅は高気密化していて、家が密封された状態になるためにダニやほこりが溜まってしまい、そのハウスダストが原因でアレルギー反応が出るとされています。

アレルギー性鼻炎が疑われる方

突然くしゃみや鼻水がとまらない、鼻が詰まってしまう、風邪のように熱が出るわけでもないのにこのような症状が出る場合にはアレルギー性鼻炎を疑う必要があります。アレルギー性鼻炎にも通年症状が出る場合と、季節により症状が出る場合があります。

季節によるアレルギー性鼻炎は花粉症に代表されますが、毎年ある時期になると、くしゃみや目のかゆみ、鼻水などの症状が出ると言う人は、季節性のアレルギー性鼻炎を疑ってみる必要があります。

また、通年性のアレルギー性鼻炎は、一年中症状が続きますが、家中を締め切ってエアコンをかける季節に症状が特にひどくなると言った場合にもアレルギー性鼻炎を疑ってみる必要があります。

アレルギー性鼻炎の原因と治療法

アレルギー性鼻炎を引き起こす原因は、アレルゲンにあります。アレルゲンは、花粉、ダニ、ハウスダストなど様々で、人それぞれに様々なアレルゲンによって症状が引き起こされています。

1.原因物質の除去、減量

ほこり、ダニが原因なら室内清掃、ダニ除去など 花粉の場合はマスク、ゴーグル、衣服についた花粉落としなど

2.抗アレルギー薬の内服、点鼻

規定の回数を継続的に使用していくことが大事です。中断、不定期な使用は効果を減弱させる事があります。種類によっては効果が出るまで数日かかるものがあります。

3.レーザー

薬が効きにくい人、薬を好まない人、鼻つまりが強い場合に有効です。

4.減感作療法

アレルギーの原因となる物質を薄めたものを定期的に摂取しアレルギー反応が起こりにくくする治療法です。1~2年間の継続が必要といわれています。最近はスギ花粉症やダニについては口腔内に投与するタイプのものが発売されました。

アレルギー性鼻炎の方の日常の注意点

アレルギー性鼻炎になってしまった人は、日常生活で注意を払う事によってアレルギー症状を緩和することが出来ます。花粉が飛散する季節にはマスクをする、極力外出を避ける、外出する際にも花粉などが付着しにくい洋服を身に着けるといった事でアレルギー症状を出にくくすることが出来ます。また、家の中でも頻繁に掃除をしたり、洗濯をしっかりとするといった事を心がける事も大切です。アレルギー性鼻炎の人は、アレルゲンとどうすれば接触する事を避けることが出来るかという事を一番に考えて生活する事がとても重要といえます。