脂漏性皮膚炎dermatitis

皮脂は毛穴にある皮脂腺から分泌されていて、乾燥を防いで皮膚のバリア機能を保っています。この皮脂腺の働きが盛んなのが、顔であれば額や眉毛の上部、のいわゆるTゾーン、鼻背から頬にかけての部分、顔以外では頭皮、耳の内側、わきの下、おへそ、鼠径部などがあります。 これらの部位に赤くカサカサして症状が出てくるので、乾燥が原因ではないかと間違われ、油分の高い保湿剤などを塗ってかえって毛穴をふさいでニキビが出きるケースが時々あります。頭皮の場合は自分で地肌は見えない場所ですが、フケが多くなりかゆみを伴い受診されることが多い病気です。

脂漏性皮膚炎の原因

原因は、もともと皮膚に常在するマラセチアというカビが皮脂を好んで分解し、そこで生成された脂肪酸が皮膚に炎症を起こすことだといわれています。 このほかにも、食事の偏りにより皮脂の代謝を整えるビタミンB2、ビタミンB6が不足していること、ストレス、ホルモンバランスの崩れ、不規則な生活、洗髪や入浴不足による皮脂の貯留なども原因として指摘されています。

脂漏性皮膚炎の治療

治療は、手早く炎症をおさめるのにステロイドの塗り薬がよく使用されます。 脂漏性皮膚炎の場合は症状が顔や頭に出ることが多いので、顔の場合はステロイドの弱いランクから中程度のランクで十分効果を発揮します。頭の場合はそれよりも強いランクのものでローショタイプのものを使用してもらいます。 大抵はこれでおさまるのですが、この皮膚炎の基盤に皮脂の分泌が盛んでしかも皮脂が貯留しやすい環境因子が関わるため、症状は一旦良くなっても再び繰り返すこともよくあります。

また、脂漏性皮膚炎はマラセチアという皮膚に常在するカビの増殖が原因ともいわれており、カビを抑える薬(抗真菌剤)を処方することもあります。 抗真菌剤は症状が強いときにステロイドと併用して塗ってもらってもいいし、症状が軽快してから塗り始めてもいいのですが、いずれにしても、症状の落ち着いているときにも抗真菌剤を塗っていくことで、症状の落ち着いた良い時期が長く続きます。 また、かゆみの強い時は抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤の飲み薬を処方しています。ビタミンB2やビタミンB6も処方しております。