虫さされinsect-bite

虫刺され

蚊やブヨ、ノミ、ハチなどによる虫刺されは、日常的によく起こります。症状の程度も、特に治療しなくても痒みを我慢していれば間もなく治まるものから、すぐに毒抜きなどの処置が必要なものまで様々です。
虫刺されとは、それぞれの虫が持っている物質が、刺されたり咬まれたり、血を吸われたり、触れたり(ケムシなどの場合)した際に人間の皮膚内に注入され、それによって皮膚炎ほかの諸症状が起きている状態です。

虫刺されによる症状

虫刺されによって生じる皮膚症状には、大きく分けて「痛み」と「痒み」があります。
痛みには、虫が皮膚を刺したり咬んだりすることによる物理的な痛みが一つ、もう一つは皮膚に注入された物質の化学的刺激による痛みです。
痒みは、皮膚に注入された物質(唾液腺物質や毒成分)に対するアレルギー反応によって引き起こされます。このアレルギー反応には、すぐに起こる「即時型反応」とゆっくり起こる「遅延型反応」があります。
即時型反応は、虫の刺咬を受けた直後から痒みや発赤、蕁麻疹などが現れるもので、数時間後にそうした症状は軽くなります。
一方の遅延型反応では、虫の刺咬を受けた1~2日後に痒み、発赤、ぶつぶつ、水ぶくれなどが現れ、数日~1週間程度で症状は軽くなります。
これらアレルギー反応の現れ方は、虫に刺された頻度やその人の体質によって個人差が大きいのが特徴です。

虫さされの治療法

虫さされの部分にステロイド外用薬や、かゆみをとめるための抗アレルギー剤の内服剤などを使用します。症状が強い場合にはステロイドの内服剤を短期間使することもあります。
かゆみが強く掻きこわした状態が続くと、細菌が感染したり、しこり(痒疹)になったりするため、ひどくなる前の治療が重要になります。