にきびpimple

ニキビとは

ニキビは、尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という皮膚の疾患です。思春期以降にできることが多く、ホルモンバランス、ターンオーバーの乱れ、乾燥、ストレス、お化粧等が影響して徐々に悪化していく事があります。
ニキビを放置して重症化し、ニキビ痕になってしまわないように早い段階での受診をおすすめします。
当院ではできるだけ、保険診療で行える内服薬・外用薬でのニキビ治療を行います。
重度のニキビで保険診療では改善が難しい場合は自費治療も含めて最適な治療法を決定していきます。

保険診療のニキビ治療

ニキビの重症度に応じて内服薬と外用薬を選択します。

微小面皰
微小面皰 角質剥離作用のあるアダパレンや過酸化ベンゾイルの処方、
保湿剤保湿剤、スキンケア指導
白ニキビ 角質剥離作用のあるアダパレンや過酸化ベンゾイルの処方、
ケミカルピーリング(※自由診療)スキンケア指導
保湿剤、スキンケア指導
黒ニキビ 面皰圧出術、角質剥離作用のあるアダパレンや過酸化ベンゾイルの処方、
ケミカルピーリング(※自由診療)、保湿剤、スキンケア指導
赤ニキビ 角質剥離作用のあるアダパレンや過酸化ベンゾイルの処方、
抗菌薬内服、抗菌薬外用、漢方薬
ケミカルピーリング(※自由診療)
保湿剤、スキンケア指導
化膿したニキビ 角質剥離作用のあるアダパレンや過酸化ベンゾイルの処方、
抗菌薬内服、抗菌薬外用、漢方薬、
ケミカルピーリング(※自由診療)
保湿剤、スキンケア指導
嚢腫・硬結を伴うニキビ 抗菌薬内服、ステロイド局注
ニキビ治療に用いる外用薬

角質剥離作用のあるニキビ治療薬:毛穴のつまりを取り除きます。

アダパレン(ディフェリンゲル)角質剥離するピーリング効果
過酸化ベンゾイル(ベピオゲル・)角質剥離するピーリング効果とアクネ菌の殺菌作用

※使用開始時ヒリヒリ、カサカサといった刺激感が出現しますが、使っているうちに約二週間程度で慣れてくるため特に心配いりません。

ニキビをしっかりと治すためには使用を止めないことがポイントとなります。

抗菌外用薬

アクアチムクリーム・ローション、ダラシンゲル 、ゼビアックスローションなど数種類あります。

ニキビ治療に用いる内服薬
抗菌剤内服

赤い炎症を伴っていたら抗菌剤内服を行います。
ミノマイシン、ビブラマイシン、ロキシスロマイシン、ファロペネムなど数種類あります。

ビタミン剤内服

ビタミン剤の内服はニキビに対して強力な効果を発揮するわけではありませんが、治療の補助として活用することで効果を発揮することがあります。

ビタミンB2

ニキビ治療に活用されるビタミンB2は、糖分や脂質、たん白質などの代謝に欠かすことのできないビタミンで皮膚や粘膜を正常にたもつ働きもします。ビタミンB2が不足すると、ニキビ、口内炎や口角炎、湿疹、結膜炎などの原因になります。ニキビ治療の際には、皮脂分泌の抑制効果を期待して処方します。

ビタミンB6

ニキビ治療に活用されるビタミンB6は身体の新陳代謝を円滑に進めるために欠くことのできないものです。皮膚や粘膜を正常に保ち、神経や血液の働きにも重要な役割をしています。一般的な用途としては、口内炎や湿疹、ニキビに広く用いられています。

ニキビに対しては、皮脂分泌の抑制効果を期待して処方されます。

ビタミンC

ニキビ治療に活用されるビタミンCはメラニンの産生を抑制します。ニキビによる皮膚の黒ずみ(炎症後色素沈着)の予防、改善のために使われます。

ビタミンE

ニキビ治療に活用されるビタミンEは脂溶性ビタミンの一種で抗酸化作用があります。皮脂の酸化を防ぎ、炎症を低下させることによりニキビの改善効果があると言われています。

漢方治療

漢方薬もニキビ治療に効果があるものがあります。
抗菌剤での治療を漫然と続けているがあまり良くならないという方は漢方薬をお勧めすることもあります。

炎症のないニキビ 荊芥連翹湯
炎症のあるニキビ 荊芥連翹湯、十味敗毒湯、清上防風湯
月経前に増悪するニキビ 加味逍遥散

自由診療のニキビ治療

ケミカルピーリング

ニキビの治療でよく利用されるのが、「ケミカルピーリング」です。
植物の酸(サリチル酸)やフルーツ酸(グリコール酸)酸の働きで皮膚の角質をはがすと、古い皮脂が外に出てきます。数回続けることによってニキビができにくくなってきます。ニキビができやすい方は、ニキビ予防としてもおすすめです。
ケミカルピーリングは、2週間~月に1回の割合での施術となります。
目安として、中等度のニキビで平均5回、重症のニキビで平均10回前後すると効果がでると言われてます。

イオン導入によるニキビ治療

イオン導入は、ケミカルピーリングと合わせてするとさらに効果的です。
微弱な電流によってニキビに有効な成分を肌奥の真皮まで届けさせるのがイオン導入になります。
ニキビ治療の治療にはビタミンCの導入を行います。

ニキビに効果的なピーリング石鹸
スキンピールバー

ご自宅でも効果的にニキビケアができる、ピーリング剤を含む石鹸を揃えております。ニキビの原因となる古い角質を除去し、新しい細胞の生まれ変わりを促す効果があります。毎日の洗顔に取り入れていただくことで、ニキビのできにくい肌質へ改善してくれます。

ニキビ治療に有効なホームケア製品を取り揃えています。
ENVIRONやZO Skin Healthなどのホームケア製品の紹介

ニキビを悪化させないライフスタイル

食事

1日3食の規則正しい食生活を心掛け、間食は避けましょう。
ビタミンや食物繊維が豊富な緑黄色野菜をしっかりととり、脂肪分や糖分を多く含む食品などは控えめにして、バランスの良い食事をしましょう。

頭髪・衣服

自宅にいる間は、ひたいやあごに頭髪がふれないように、ヘアピンやヘアバンドで前髪を上げ、髪をまとめましょう。衣服はできるだけ肌触りがよく、あごにふれないものを選びましょう。

入浴・シャワー

毎日の入浴・シャワーで肌を清潔に保ちましょう。
ニキビは顔だけでなく胸元や背中にもできることがあります。
リンスやトリートメントなどが首元や背中に残らないように、洗髪後に顔や身体を洗いましょう。

睡眠

睡眠不足は体調不良の原因になり、ニキビの悪化につながりますので、十分な睡眠をとりましょう。

ストレス

ストレスや疲れをためないよう、趣味(音楽・映画鑑賞など)や適度な運動、自分なりのリラックス法でストレスの少ない生活を送りましょう。

便秘

便秘を改善させるとニキビが改善することがよくあります。