副鼻腔炎sinusitis

急性副鼻腔炎の多くは、風邪に続発して、急性鼻炎から波及して起こります。

よって、急性副鼻腔炎の症状は風邪症状の一部でもあり、さらにこれに加えて、頬の痛み(上顎洞炎)、眼の奥や周り・鼻の付け根の痛み(篩骨洞炎・蝶形骨洞炎)、額のあたりの痛み(前頭洞炎)が起こります。

慢性副鼻腔炎の場合は、急性と違ってはっきりとした痛みとして感じないこともあり、なんとなく頭が重い・頬の違和感だけのこともあり注意が必要です。ひどい鼻づまりがある場合には、鼻ポリープができている場合もあります。

急性副鼻腔炎であれば、しっかり薬を飲んでもらえれば、2~4週間ほどの短期で治ることが多いです。

しかし慢性化してしまうと、3~6か月という長期にわたる内服が必要になります。(急性のうちにしっかりと薬を飲んでもらった人でも、元々ポリープがあったり、鼻の構造など、ほかにも様々な要因により、慢性に移行してしまう人もいます。)

少し難しい話になりますが、治療に関しても違いはあり、急性副鼻腔炎であれば、殺菌を目的として抗生物質の投与を行いますが、慢性副鼻腔炎の場合は抗菌作用を主な目的とするのではなく、粘膜の分泌抑制作用など他の作用を期待しているので、通常使用量の半分を長期にわたり使用(マクロライドという抗生物質の少量投与)する必要があります。

多くの慢性副鼻腔炎(ちくのう症)は急性の副鼻腔炎を繰り返すことで生じるものです。

急性副鼻腔炎を確実に治療しておけば、慢性化を未然に防ぐことができます。風邪を引いた際に(特に治りかけの際)黄色い鼻水やひどい鼻づまり、頭や歯の浮くような痛みを感じられた場合には、慢性化させないためにも、耳鼻咽喉科を受診して診断と治療を受けるようにしてください。

副鼻腔炎の診断

レントゲンあるいはCTの撮影、鼻咽腔ファイバーでの鼻腔内の観察
当クリニックでは画像での診断を徹底しています。
レントゲンやCTで診断します。

  1. 原因となる病気の治療 (かぜやアレルギー性鼻炎)
  2. 内服薬
  3. 鼻汁の吸引とネブライザー(吸入薬)
  4. 手術

先に挙げた原因になる病気があるときにはその治療も並行して行います。

薬は消炎剤と抗生剤が中心になります。抗生剤は膿がある時には通常量を、膿が出ていないときにはマクロライドという種類のものを半量程度、ある程度長期間継続します。これは菌を殺すためではなく、体の免疫能を調整したり、分泌量を減少させる効果があります。慢性のものでは1-3ヶ月程の期間を要します。ネブライザーは内服薬とは別の強力な消炎剤や抗生剤を霧状にして吸入し、直接副鼻腔に届ける治療です。全身に入る量が少ないため、病気の部位に少量で高濃度の薬を届けることができます。これらの治療で改善しない場合、手術を行うこともあります。手術はほぼ内視鏡下に行われますので顔に傷が付くことはなく、術後の腫れもほとんどありません。入院が必要になりますのでご希望があれば可能な病院を紹介致します。