女性の薄毛に対する発毛・育毛治療

女性の薄毛に対する発毛・育毛治療

薄毛は男性ホルモンが関係しているので、女性は薄くなりにくいと思われてきましたが、近年薄毛の悩みは男性だけでなく、女性の中にも急増しています。
ひろクリニックでは薄毛に悩む女性のために、女性専用発毛育毛治療を行なっています。

こんな症状でお悩みの方へ

  • ・髪にボリュームがない
  • ・最近抜け毛が増えた
  • ・髪の分け目が気になる
  • ・更年期になり、薄毛が気になるようになった
  • ・家族に薄毛の人がいる
  • ・かつらを使うのは抵抗がある
  • ・市販の育毛剤を使用しても効果が分からない
  • ・出産後に抜け毛が増えた

薄毛の発生機序

加齢に加え、ストレスや生活習慣の乱れなどによって、ホルモンバランスや自律神経が正常に働かないと、頭皮の血行が滞り、髪を成長させる毛乳頭や毛母細胞に栄養が行き届かず、発毛を阻害してしまうと考えられています。

ヘアサイクル(毛周期)

ヘアサイクル(毛周期)に異常をきたすと、成長期の期間が短く、休止期が長くなります。それに伴い毛髪が太く成長する前に抜けてしまうので、徐々にボリュームが減り地肌が目立つようになります。

女性の薄毛の原因

薄毛の原因の一つとしてよく言われているのが体質(遺伝)です。
しかし近年の研究の結果、女性の薄毛の原因は体質(遺伝)だけでなく、さまざまな要因(加齢、ストレス、ホルモンバランス、生活習慣の乱れ)が絡み合っているのがわかってきました。
そのため男性の薄毛(AGA)と比べ、女性の薄毛は改善する可能性が高いといわれています。

女性の薄毛の種類

FAGA(女性男性型脱毛症)

FAGA(女性男性型脱毛症)とは、女性の薄毛の総称を指す言葉です。AGAは主に前頭部や頭頂部といった、頭部の一部分が薄くなる特徴的な症状が現れます。一方でFAGAの場合はAGAのように局所的な脱毛が起こるわけではなく、頭部全体が薄くなっていくという特徴があります。特に頭頂部の皮膚が透けて見えるようになります。
このような症状は、主に40〜50代頃の壮年期に起こることが多いとされていますが、稀に20代頃にも起こる場合があります。加齢やホルモンバランスの乱れにより起こるとされ、AGA(男性型脱毛症)と同じく、成長することを休んでしまう休止期の毛の割合が多くなり、抜け毛が増えるようになります。

分娩後脱毛症(産後の薄毛)

妊娠中、女性ホルモンが一気に増加します。それが妊娠後期にはエストロゲン(卵胞ホルモン:排卵の準備を行うホルモン)などの分泌が変化することによって脱毛が促進されると考えられています。また、出産前の胎児が急成長することによる栄養不足が原因ともいわれています。ただし産後半年~1年ほどで自然に症状が治まるため、他の種類の抜け毛や脱毛症に比べ、あまり心配する必要はありません。

脂漏性脱毛症・粃糠性脱毛症

ホルモンバランスの乱れなどにより皮脂が過剰に分泌され、毛穴を塞いで毛根に炎症が起こり、その結果、抜け毛が増える脱毛症です。
また、過剰になった皮脂に常在するカビの仲間マラセチアが過剰に繁殖し、脂漏性皮膚炎となり、痒みやふけが発生し抜け毛が増えます。
ビタミンB群の内服や漢方薬、抗真菌薬外用などを処方します。

円形脱毛症

突然、円形に脱毛班ができる病気で最近では、自己免疫疾患と考えられています。保険診療での治療で改善します。

卵巣機能や甲状腺機能の低下

病気により、卵巣機能や甲状腺機能が低下するため、抜け毛が増える場合が20代や30代といった若い女性の間でも増えてきています。

牽引性脱毛症

髪の毛が引っ張られることが原因で起こる抜け毛で、若い人でも起こります。
ストレスで髪を常に引っ張ったり、ポニーテールやお団子ヘアなど髪を引っ張る髪型を続けていると、毛根がダメージを受けて分け目や生え際が薄くなります。

女性のための発毛育毛治療

男性型脱毛治療「AGA」がプロペシアという医薬品の登場を機に大きく進展したのに対し、女性の場合はこのプロペシアがカラダへの負担が強く禁忌となり服用することができません。
ひろクリニックでは薄毛に悩む女性のために、女性専用発毛育毛治療を行なっています。

オリジナル内服セット 14,300円(税込)
ミノキシジル
血管を拡張して血流を増やす作用があります。血流を増やすことにより、毛根に栄養が多く行き渡り、髪の成長を促します。
スピロノラクトン
スピロノラクトンは、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)が毛包や毛母細胞に働きかけるのを阻害することで、抜け毛を防止します。スピロノラクトンは、抜け毛を防ぐだけでなく、乱れたヘアサイクルを改善させ、健康な髪の毛を生成するのに大切な成長期を長くする効果や、毛髪を新しく生成する効果があります。
ビオチン
爪や髪の成分であるケラチンの合成に必要な成分です。
髪の毛を太くする作用や白髪を抑制する効果があります。
牡蠣エキス 亜鉛酵母 海藻 L-リジン L-アルギニン
牡蠣エキスは亜鉛、タウリン、グリコーゲン、たんぱく質、ビタミン類など豊富な栄養素が含まれています。
亜鉛はミネラルの1つでたんぱく質の代謝に関与し、毛髪の生成に不可欠です。
リジンは毛髪の成分となるたんぱく質の生成に関与してます。
アルギニンはアミノ酸の一種で成長ホルモンの分泌を促進する働きがあります。
外用薬・LEDライト

リポゲイン 8,800円(税込)

(外用薬)ミノキシジル3% アゼライン酸 レチノール

リポゲイン

ミノキシジルとアゼライン酸の配合による相乗効果で発毛を促進させます。女性用としては高濃度のミノキシジル3%を頭皮に直接塗布します。ミノキシジルは毛母細胞に直接働きかけ、血流を増やす作用があります。血流を増やすことにより、毛根に栄養が多く行き渡り、髪の成長を促します。
FDAが育毛剤として公式に認可している成分です。
アゼライン酸は脱毛原因物質(DHT)を強力にブロックする成分です。
レチノールはミノキシジルの浸透性を高めます。
プロピレングリコール不使用で、頭皮のかゆみや湿疹等のアレルギー反応が起こりにくい薬剤です。

LED治療(ヒーライトⅡ) 1,650円(税込)

 

LED治療(ヒーライトⅡ)

発毛増殖因子の分泌を刺激し、頭皮の血流が促進されます。毛根自体が活発に働きだし、休止期の毛根を効果的に成長期に導きます。コラーゲンの増加、新陳代謝の改善、炎症を抑える効果もあるとされています。
LED治療は日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインでフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルに次いでB評価を受けています。

発毛・育毛治療の流れ

診察※初診料1,100円いただきます。

診察で頭皮や毛髪のお悩みを伺います。
薄毛の原因、治療内容、料金について説明します。

発毛・育毛治療の流れ

頭部の写真撮影

治療の経過を判断するために、治療前の頭部の写真撮影を行います。

発毛・育毛治療の流れ

血圧測定、検査

必要な場合のみ血液検査(甲状腺機能検査、膠原病の有無 貧血の有無など)を行います。

発毛・育毛治療の流れ

治療開始

オリジナル内服薬セットや外用薬を処方します。
定期的にLED治療器(ヒーライトⅡ)をあてることで頭皮の血行を促進、毛根を活性化することができます。

発毛・育毛治療の流れ

症例

女性薄毛治療症例
症例1 処方前
女性薄毛治療症例
症例1 処方後
 
女性薄毛治療症例
症例2 処方前
女性薄毛治療症例
症例2 処方後

よくある質問

女性の薄毛の原因は何ですか?

加齢、ホルモンバランスの変化、ストレス、睡眠不足、栄養不足、血行不良、 皮膚疾患など女性の薄毛の原因は様々です。

女性の薄毛治療はどのようなことをするのですか?

体に極力負担をかけずに、薄毛の治療ができるよう、医薬品やサプリメントを組み合わせた治療を行います。

副作用などはありますか?

人によってはむくみが少し出る可能性があります。また、体調が悪い方、 持病をおもちの方は、処方が出来ないケースがあります。 まずは医師にご相談ください。

健康保険は使えますか?

オリジナル内服セットや育毛外用薬は健康保険が適用されず、 自費診療になります。ただし、状態によっては保険診療の範囲での治療をおすすめすることがあります。