イオン導入(ビタミンC、トラネキサム酸)

イオン導入(ビタミンC、トラネキサム酸)

皮膚にはバリアゾーンと呼ばれる層があり、肌を外部の刺激や物質が入ってくるのを防ぐ働きを持っています。イオン導入は、微弱な電気の力を利用し、バリアゾーンを抜けて皮膚の深部まで「しみ」、「ニキビ」、「肝斑」などの改善に有効な成分を浸透させる治療法です。
イオン導入はケミカルピーリング、フォト治療、トーニングなど他の施術の後に行うことで、より効果を高める付加的な施術としておすすめすることが多いです。
ケミカルピーリングで角質を取り除き、肌のターンオーバーを促してからビタミンCの導入を行うとより高い効果が望めます。
また、肝斑やしみ・くすみの場合はレーザートーニングやフォト治療の後にトラネキサム酸の導入をお勧めします。
イオン導入の治療に痛みはありませんので、どのような方でもお気軽に治療に臨んでいただけます。

イオン導入の種類

ビタミンC イオン導入

主な効果

  • ニキビ
  • ニキビ跡の赤み
  • しみ
  • くすみ
  • 肌質改善

ビタミンCにはメラニン色素の生成を抑える力があり、しみ・にきび・毛穴の引き締めでお悩みの方にお勧めの誘導体です。
肌を老化させる原因のひとつと言われる「活性酸素」を取り除く効果があり、同時に、コラーゲンの再生も促し、内側から肌を活性化させ、肌にハリやうるおいを与えることができます。

トラネキサム酸イオン導入

主な効果

  • 肝斑
  • くすみ
  • 炎症後色素沈着

肝斑でお悩みの方には、トラネキサム酸の導入がお勧めです。
トラネキサム酸には色素細胞メラノサイトがシミの元になるメラニンの生成を抑制する効果があり、肝斑を薄くすることができます。
従来はトラネキサム酸の内服薬で肝斑は治療してきましたが、イオン導入で直接有効成分を導入することができるようになりました。

リスク・副作用

基本的には副作用はないと言われてはいますが、発赤や熱感、かゆみ、痛み、腫れ、発疹、肌の炎症など症状が現れる場合もあります。時間とともに治まることが多いですが、数日たっても治まらない場合には、ご相談ください。

法定記載事項

1.適応外使用であることの明示

日本国薬機法上の医療機器として認証・承認を得ていない機器です。
そのため、万が一使用後に違和感等ございましたら、すぐにクリニックまでご連絡をお願いします。

2.入手経路等の明示

株式会社ケイセイにて購入。

3.国内の承認医薬品等の有無

国内においては承認されている医療機器はありません。

4.諸外国における安全性等に係る情報の開示

重篤な副作用等の報告はありません。

料金表(税込み)

ビタミンC 通常1回3,300円
他施術と併用時2,750円
トラネキサム酸+グリチルリチン酸 通常1回5,500円
他施術と併用時4,400円