粉瘤(アテローム)とは

粉瘤(アテローム)とは

粉瘤(アテローム)とは粉瘤(アテローム)は、皮下にできる良性の腫瘍で沖縄の方言でトウフヌカシーといいます。皮下に袋ができ、その内部には垢(角質)や皮脂といった老廃物がたまっています。放置していると徐々に大きくなり、化膿することもあります。

粉瘤の原因と種類

まれに外傷をきっかけに粉瘤ができることがありますが、ほとんどの粉瘤に原因はありません。
しかし、耳周囲や肩から背中にかけて粉瘤が多発する方も多く、できやすい体質があるようです。
そのほか、外毛根鞘性嚢腫や多発性毛包嚢腫というアテロームの仲間もあります。
外毛根鞘性嚢腫は頭にでき、粉瘤よりやや硬いしこりです。
多発性毛包嚢腫は腕やくび、わきなどに20~30個と多発するしこりで、マヨネーズのような黄色いドロッとした内容物がたまっています。

粉瘤・アテロームの症状

痛みやかゆみはなく、触ると小さいしこりがあるのに気付きます。
顔や首など目につく場所であれば早めに気付くことがありますが、背中にできた場合かなり大きくなるまで気付かないことが多いです。
粉瘤は自然に治癒することはなく、徐々に大きくなっていきます。
独特の臭いを放つことがあるため臭いで存在に気付くこともあります。
痛みのない粉瘤ですが、化膿して炎症性粉瘤になると腫れや痛みを伴います。
排膿すると痛みの症状は速やかに解消しますが、排膿だけでは再発してしまうため、根本から治すには摘出手術が必要です。
一度でも化膿を起こした粉瘤はその後も化膿を繰り返しやすいです。

粉瘤の臭い

粉瘤の臭い独特の悪臭で、粉瘤に気が付くことがあります。粉瘤は皮膚の下に袋ができて老廃物がたまります。触れたり押されたりすると強い悪臭を生じます。炎症を起こしている場合には刺激がなくても悪臭が続くこともあります。
何日も履いた靴下や腐敗した魚の臭いに似ているとされています。

粉瘤の臭いの原因

粉瘤で炎症が起こると嫌気性菌のプロプリオバクテリウムが増殖します。これによってプロピオン酸が産生されて強い悪臭を生じます。
粉瘤からドロドロした悪臭のあるものが出てくると、気になって強く圧迫して中身を出したくなる気持ちはわかりますが、絶対に潰さずに、軽く拭うだけにして、できるだけ早く受診してください。

粉瘤は再発率が高い病気

粉瘤の手術を受けたのに治らなかったという場合、実際には炎症性粉瘤に対する切開排膿の治療しか受けていないケースが多くあります。本体の袋が残っているため、数ヶ月~1年程度で、再び内容物がたまってしこりになったり炎症を起こしたりします。また、実際に摘出手術が行われているにもかかわらず再発することも少なくありません。

粉瘤の手術は奥が深い

ひとことに粉瘤の手術といってもクリニックによって手術法や技術は大きく異なります。
粉瘤に気付いたら早めに粉瘤治療にしっかり取り組んでいるクリニックを受診してください。

 

 

一番上に戻る
当日外来予約TEL:098-861-1010 現在の待ち人数当日外来予約